メンズ眉毛

【メンズ眉毛徹底解説】ケアに大切なポイントを抑えて好印象な眉に

本記事のテーマ

自分に似合う眉毛を見つけて、好印象を持たれる自分になる。

本記事の信頼性

・10年間独学で眉毛を研究してきた経験

・眉毛のプロに教えて頂いた豊富な知識

読者さんへ前置きメッセージ

こんにちは、素敵眉毛のしゅんた(身長169cm、タレ目)です。僕は、過去にとても眉毛にコンプレックスを持っていました。そのきっかけが小学校の時にクラスで一番可愛い女子につけられた『素敵眉毛』というこのあだ名です。それまで『男は心だろっ』と硬派な自分が一転して眉毛を整える男子に笑 そこから研究を重ねて圧倒的に好印象な眉毛を完成。たまにイケメンって言われるまでに。

メンズの眉毛に関する情報を発信して、少しでも多くの男性が好印象を手に入れられるように。

眉毛を構成する要素とは

眉毛はいくつかの要素で形作られています。眉毛で整える際にこの要素のバランスで印象が変わってきます!

角度

角度は眉毛の形を決定づける重要な要素です。
眉毛の角度は3タイプ。

水平タイプ

眉頭と眉山の高さが同じの水平タイプ。

上がり眉毛タイプ

眉頭から眉山に向かって角度が上がっているタイプ。

下がり眉毛タイプ

眉頭から眉山に向かって角度が下がっているタイプ。
水平タイプ、下がり眉毛タイプは柔らかい印象、眉毛の角度が強い上がり眉毛タイプは意思がはっきりとした印象になります。

長さ・太さ・濃さ

長さ・太さ・濃さについて、この二人の眉毛を比較しながら説明して行きましょう。

長さ

眉頭から眉尻までの距離が短いと幼い印象になり、長いと大人っぽい印象になります。

太さ

幅が太いとワイルドな印象に、細いと中性的な印象になります。

濃さ

濃さも重要な要素です。濃いと存在感が強くはっきりとした印象に、薄いと柔らかく親近感のわきやすい印象になります。

そのほか

左右の眉毛の距離

左右の眉毛の距離(眉間)が近いほど大人っぽい印象に、間隔が広いほど幼い印象になります。

眉毛と目の距離

眉毛と目の距離が近いほど目元が力強い印象に、離れているほど中性的で優しいイメージになります。

いくつかの要素を紹介してきましたが、眉毛の印象はこれらの要素の組み合わせにのバランスによってなるので最初のうちは整えるのは難しいかと思います。整えるポイントは自分の眉毛のタイプに近い芸能人の眉毛を真似することです。

タイプ別芸能人の眉毛

次に、タイプの違う3人の芸能人の眉毛を元に、上記で紹介した要素とどういった雰囲気を作っているかをまとめてみました。

竹内涼真さん

出典:https://www.horipro.co.jp/takeuchiryoma/

竹内涼真さんの眉毛の要素

・角度:やや下がり眉毛
・眉頭から眉尻までの距離:長め
・太さ:やや太め
・濃さ:やや薄め
・眉間:普通
・眉毛と目の距離:近い

眉頭から眉尻までの距離が長く、眉毛と目と眉の距離が近いだけだと男らしい印象になりがちですが、竹内涼真さんは下がり眉毛で薄いので中性的な要素も加わり柔らかく親しみやすい印象に。

さらに身長や体型とのバランスも大事。自分の身長や洋服とのバランスも意識してみてください。

ディーンフジオカさん

出典:https://www.oricon.co.jp/confidence/special/51500/

竹内涼真さんの眉毛の要素

・角度:やや平行のアーチ型
・眉頭から眉尻までの距離:長め
・太さ:やや細い
・濃さ:普通
・眉間:近い
・眉毛と目の距離:やや離れている

目と眉の距離がやや離れていて細いと中性的な印象になりますが、ディーンフジオカさんはその要素に加えて眉頭から眉尻までの距離が長く眉間の距離が近いことで目元がはっきりとし誠実な印象を与えます。

眉頭から眉尻までの距離が長い方には目指しやすいタイプです。

中川大志さん

出典:https://eiga.com/person/92887/

中川大志さんの眉毛の要素

・角度:上がり眉
・眉頭から眉尻までの距離:長め
・太さ:やや太い
・濃さ:普通
・眉間:近い
・眉毛と目の距離:近い

眉毛の角度あがっており太いので、とても力強く男らしい印象です。

タレ目の方は、角度をつけすぎると目と眉毛の間が離れてしまいバランスが悪くなってしまいます。

 

自分の眉毛と比較していかがでしたで消化?それでは次に眉毛の整え方について紹介していきます。

眉毛を整える方法

セルフケア

自分で整えること。

男性で眉毛のケアを人にやってもらうのは少し恥ずかしいと感じる人がいるのではないでしょうか?

セルフであれば人にやられる恥ずかしさはなく、ケアできます。

また、自分で整えるので思い通りの形に仕上げやすいですが、あまり知識がないまま自分なりに始めてしまうとバランスが悪くなりがちです。

眉毛のセルフケアに慣れている方や、眉毛の形がある程度整っている方はセルフでいいと思いますが、まだ慣れていない初心者の方や眉毛の形にコンプレックスを抱える方は最初からセルフで整えず、眉毛サロンなど人にやってもらうことをおすすめします。

眉毛サロンやヘアサロン

近年では男性の美容意識が浸透してきて社会的に男性のメイクに対しても寛容になってきています。
そういった男性の美容意識の向上で登場したのが眉毛サロンです。

眉毛の整え方をプロが、個人個人の顔のバランスに合わせてレクチャーしてくれます。
さらに、メンズメイクの知識についても得られることができるので。

眉間の距離が離れている僕の場合は、自分にあったのノーズシャドウの入れ方を教えてもらいました。この知識はセルフケアだけでは気がつかないままでした。

また、眉毛サロンだけでなくヘアサロンでもケアしてくれるお店が増えています。

しかし、サロンによって、施術してくれるスタッフによって、知識や技術に差がありことがあり、施術してもらったら自分が想像していた眉毛と違う仕上がりに、なんてことも。必ず施術前には入念に自分のイメージを伝え、ガイドラインを描いて貰ってからカットしてもらいましょう。

ちなみに、女性向けの眉毛サロンには男性はお断りのお店が多いようです。

眉毛サロンとセルフケアの併用

眉毛のケアにこだわりを持ちたい人、元々眉毛の形にコンプレックスのある人には最適だと思います。
眉毛サロンでレクチャーしてもらいケアの基礎知識を得る→セルフでケアする→分からないことがあればまた眉毛サロンでケアしてもらい新しい知識を得る
といった使い方をすると、自分の理想的な眉毛をの整え方を覚え、サロンに通わずとも自分で整えられるようになります。

まとめ

『眉毛が顔の印象の8割を決める』と言われるほど、眉毛の形を整えるだけで顔の印象がガラッと変わります。

僕の場合、背も高くなく、スポーツや勉強がずば抜けてできるわけでなく自信がなかった自分を変えたのは眉毛を整えることでした。眉毛を整えることで自分の見た目に自信が持て、何事にも自信を持ち積極的になりました。

最初は、自分に似合う眉毛を見つけ思い通りの形にするのは難しいかもしれませんが、眉毛サロンなどのサービスをうまく利用しながら、理想の眉毛の形を見つけて自分らしさを手に入れましょう!

-メンズ眉毛

Copyright© Vella's Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.