English

【短期留学】TOEIC満点を目指せ!3ヶ月で飛躍的に英語力を上げる工夫とは?

短期留学って本当に語学力がアップするのか?『短期留学で語学力がアップするための方法を教えて欲しい』

▼ こんな疑問に答えます!!

本記事のテーマ

【短期留学】3ヶ月で飛躍的に英語力を上げる工夫とは?

信頼性

・オーストラリアの大学を卒業
・TOEFLibt:110点

前置きで伝えたいこと

こんにちは、TOEFLibt110点のシュンツです。
中学1年生の期末試験で英語50点をとったことをきっかけに一発奮起。
高校生時代は、英語の成績は、進学校で120人中1位。
高校時代の短期留学がきっかけで、サウスオーストラリア大学への進学を決める。
4年間マーケティングを勉強し、卒業。
実際に海外大学に行く前に僕も3ヶ月間短期留学を経験しています。
短期留学する上でみなさんの役立つ情報をお届けできれば嬉しいです!

【短期留学】3ヶ月で飛躍的に英語力を上げる工夫とは?

短期留学で語学力をあげることは可能か?


語学力をあげるために大切な3つのこと

語学力をあげる上で大切な3つのポイント

・留学までの準備(どれだけ英語力をあげられるか)
・留学中の心構え
・渡航後の学習継続(テスト対策等)

この記事では、短期留学を3ヶ月間の語学留学とします。社会人で英語を生かした仕事をしたいと思っている方

上記に挙げた中でも特に、留学までの準備はとても大切です。できれば、半年ほど短期留学前には準備期間を持ちましょう。

短期留学もどうせ行くなら一切妥協なしで本気で自分の目標を達成するために行きましょう!

渡航前に準備しておきたいこと

成功の秘訣は、何よりもまず、準備すること。

準備しておきたいこと

・英語力を最低TOEIC500点以上まであげよう
・留学先は、日本人の少ない街を選ぶ
・経済的な不安をなくしておく


本田圭佑選手やイチロー選手などのスポーツ選手やヘンリー・フォードさんや稲盛和夫さんなどの起業家も準備への大切さを語っています。留学も全く一緒です。その中でも一番重要なことが日本にいる時にどれだけ英語力をあげられるかどうかです。

参考:https://youtu.be/7FXW3xIdwo0
こちらの動画もチェックしてみてください。イチロー選手が準備について語っています。

詳しく次章以降で説明して行きます。

準備を大切にしておくと、思わぬメリットがいっぱいあります。

渡航中の心構え

自ら退路を断って、「ヤルっきゃない」と思えば、必ず神風は吹く

準備しておきたいこと

・日本語は絶対に使わない。日本人の友達とも英語で話す。
・平日は、一日15時間勉強する
・とにかく積極的に話しかけて友人をつくる。


渡航中は、毎日クタクタになるまで英語を勉強してみてください。休日は、現地の友達と積極的に外出することも大切ですね。中途半端な努力は自分が苦しむだけです。そのくらい本気で取り組んでやっと3ヶ月で成果が出るかどうかです。

こちらも後ほど詳しく説明して行きます。

最初の2週間は、楽しいと思いますが、1ヶ月くらい経つと色んなことがストレスに感じてきますが、そこで諦めずに頑張れるかが大事です。

渡航前の準備編


最低でもTOEIC500点以上まで上げておく

留学で飛躍的に英語力を伸ばせるのは、基礎ができているから

ポイント

留学前に最低でもTOEIC500点、もしくはTOEFLibt60点以上は取れていることが望ましいです。(ある程度、必要最低限な基本的な英語の語彙力と文法が理解できるレベル)

もし、まだまだだなと思っている方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

【最短で80点まで】TOEFL ibt 対策 オススメの勉強方法

 

【最短で80点まで】TOEFL ibt 対策 オススメの勉強方

留学先は、日本人の少ない街を選ぶ。

とにかく誘惑を断ち切る

🌟国別日本人の少ない都市

日本人の少ない都市
オーストラリア ダーウィン、アデレード
アメリカ マイアミ、フィラデルフィア
イギリス ブライトン、ポーンマス
カナダ ビクトリア

引用:https://www.englishpedia.jp/blog/australia-study-abroad-japanese

日本人の少ない都市もしくは、ENGLISH ONLY POLICYという留学生の母国語での会話を禁止するルールのある語学学校を選びましょう。人は、誘惑に弱い生き物です。日本人がいるとやはり日本語を話したくなってしまいます。

ただ、もちろん日本人が少ない都市や語学学校があっても完全にいない環境はないので日本人に出会う機会ももちろんあると思います。その時に勇気を持って、『自分は、日本語を喋らない』と伝えられることが大切です。

他の日本人の留学生には、もしかしたら嫌な顔をされると思いますがここは、心を鬼にして日本語を喋らないと決めましょう。

経済的な不安をなくしておく

過度な節約は、ストレスに繋がる。

ポイント

留学費用は、少し余裕を持って使えるように準備していきましょう。
ただでさえ、慣れない英語のみの環境や新しい土地などストレスはとてもたまります。それに加えて、金銭トラブルなどは避けたほうが無難です。

不安がある方は、奨学金を取ることをお勧めします。返済義務のある奨学金であれば、比較的受給のハードルは高くないです。
こちらの記事を参考にしてみてください。

【上手に活用せよ!】海外留学に役立つ奨学金5選

参考:【上手に活用せよ!】海外留学に役立つ奨学金5選

外食の時など金額をあまり気にせずに使えるといいと思います

留学中の心構え


日本語は話さない。使わない

日本語は話さない。使わないと決める。

ポイント

言葉にするのは簡単ですが、実行するのはとても大変です。日本人の人たちが話しかけてくることもあれば、他の留学生が善意で日本人の友達を自分に紹介してくることもあるからです。

そして、皆慣れない環境で頑張っていることを知っているので、日本語で話を聞いてくれるだけでどれほど救われるかも分かります。

無視するのは、よくないので自分が英語を上達させたい理由と共に英語しか喋らないと伝えましょう。

使わないことも決めましょう。日本語の曲やYoutube、ラインなども家族以外からは返さない方がいいでしょう。現地の情報などは、積極的に英語で調べてみると最初は、分からない単語ばかりで大変だと思いますが、ぐっと英語力が高まります。

最初は、分からない単語で逐一調べていると大変なので、必要な単語のみ意味を調べるようにしましょう。

1日15時間以上勉強する


勉強時間を決めておくと1日を無駄に過ごすこともない

ポイント

1日の勉強時間と場所を決めておくと1日を寝てしまって過ごすことなども無くなります。机に向かってると自然と勉強することも見えてくるのでお勧めです。

とにかく寝る時間と食事、移動の時間以外は、勉強することを心がけましょう。徐々にこれだけやったんだからと自分に自信も持てます。もちろん休日は、友達と適度に遊ぶことも大切なのでそこはメリハリをつけて楽しんでくださいね。

積極的に、友達と話しかける

上手くなくても積極的に話しかけよう

ポイント

最初は、全く面白いことも言えず、ただ英語を使いたいから人と話すという風になってしまいがちですが、それでも喋りかけましょう。何でも話せる友達ができれば、辛い勉強も忘れられます。

オススメは、明日話しかける内容を事前に英語で考えて、話すことです。こうすると面白い話や自分の伝えたいエピソードなども上手く話せるので『この人、面白い』と話しかけられるようになりますよ。

こちらの記事もチェックしてみてください

【暮らしを豊かに】海外留学に本当に役立つ持ち物10選

【暮らしを豊かに】海外留学に本当に役立つ持ち物10選

日本について、よく聞かれるのである程度返せるネタを持っておくことも大切です。

留学後の学習継続


留学後のテスト対策

自分のとりたい資格のテスト勉強をしよう

ポイント

留学で身につけた英語力をテスト用に変換するためにも、1ヶ月ほどテスト対策をして英語の資格テストに臨んでみてください。間違いなく飛躍的に点数が上がるはずです。

英語学習は継続しないと、英語力が落ちる一方なので毎日少しでもいいので英語に触れるようにしましょう。

留学エージェントの勧め

地域密着型のエージェント

地域密着型のエージェント

・カウンセラーとの距離が近い。
・広告宣伝費用をかけていない分、費用を抑えられる

留学するときには、是非エージェントを利用してみてください。

iacアカデミーは、九州・沖縄を中心に展開している留学エージェントです。今後、オフィスを増やす予定もないくらいこの地域の英語教育だけに力を入れています。

おさらい

まとめ

  • 留学前は、英語の勉強(特に単語・文法)を徹底的に身につけよう。
  • 留学中は、1日15時間勉強しよう。
  • 留学後は、英語力を維持できるように毎日15分でもいいので英語に触れる。

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んで、短期留学で自分の英語力を飛躍的にアップさせましょう。

-English

Copyright© Vella's Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.