English

【暮らしを豊かに】海外留学に本当に役立つ持ち物10選


海外大学への進学、留学が決まっている方
『初めての海外生活で何が役に立つか分からない。教えて欲しい

こんな疑問に答えます!

本記事のテーマ

 オーストラリアで4年間過ごした経験者が語る海外大学に必要な4つの持ち物

信頼性

・オーストラリアの大学を卒業
・TOEFLibt:110点

前置きで伝えたいこと

こんにちは、TOEFLibt110点のシュンツです。
中学1年生の期末試験で英語50点をとったことをきっかけに一発奮起。
高校生時代は、英語の成績は、進学校で120人中1位。
高校時代の短期留学がきっかけで、サウスオーストラリア大学への進学を決める。
4年間マーケティングを勉強し、卒業。
海外での暮らしを元に少しでもおすすめの持ち物を紹介して行きます。
今後海外に行く方、行くことを検討している方の役に立てば嬉しいです!

【暮らしを豊かに】海外留学に本当に役立つ持ち物10選

おすすめの持ち物一覧

No. 品目 用途
1. 🌟焼酎 ホストファミリーへのお土産
2. お菓子(抹茶・洋菓子・知育お菓子) ホストファミリーへのお土産
3. 折り紙 ホストファミリーへのお土産
4. 日本の料理本 日本でしか買えないもの
5. 文房具全般 日本でしか買えないもの
6. お洒落な洋服 日本でしか買えないもの
7. 冷えピタ・ホッカイロ 日本でしか買えないもの
8. コンセント変換プラグ・変圧器 必需品
9. SIMフリーのiPhone 必需品
10. 思い出の品 必需品

ざっと、こんな感じです。僕が経験を踏まえて厳選したものなのでどの国に行くにしても間違いないかと。それぞれ解説していくので参考にしてみてください。

【話題の種になる】ホストファミリーへのお土産

焼酎 

 

まずは、日本のお酒です。これは、一緒に食事をするときのいい話題にもなるので鉄板。ホストファミリーだけでなく、友人との自宅でのパーティなどに利用できるのもポイント。これだけでものすごく仲良くなれると思います。*もちろん、未成年の方はダメですよ。

これは、僕の経験談ですが現地のワインが好きな友人とシェアハウスをしていた時に、一時帰国したお土産に芋焼酎を持って行ったらすごく喜ばれました。もちろん、味の好き嫌いは別れますが、笑いながらすごく楽しそうに一緒に飲んでくれるアイテムです。

日本酒の知識やこのお酒にまつわるエピソードなどを話せたらとてもグッドです!

お菓子(抹茶系・洋菓子・知育お菓子)

 

甘いものは、万国共通誰でも食べれるのがポイント!

特に日本のお菓子と言えば、抹茶味を持って行くと自分に興味を持ってくれます。抹茶味のお菓子を美味しそうに食べてくれるかといえば、そうでない方も多いと思いますが、話のきっかけを作ることが大切ですね。

美味しさを重視するなら、日本の洋菓子を持って行くことをおすすめします。例えば、オーストラリアならチョコが好きな人が多いので『白い恋人』は美味しいと喜んでくれました。日本の知育菓子も冗談を言い合いながら皆で作ることで盛り上がること間違いなしのアイテム。

僕は、仲の良い友達と手巻き寿司を作るグミのお菓子を持って行ったら最高に楽しい思い出になりました。

ポイント

・一緒に飲んだり、食べたりできるもの

・話題の種になりやすいもの

・お菓子は、小包装に包まれているもの

折り紙 

 

小さな子がいるホストファミリーには、とてもおすすめ!

一緒に作ったりと逆に相手が作って欲しいものを折り紙で作ってあげるととても喜んでくれます。英語の解説付きの解説本があるととても良いです!

小学校5年生の子がいるホストファミリーと一緒に住んでいた時に、折り紙で巨大なボールを作ってあげたときは、喜んでくれました。飛行機なんかも面白いですよね!

日本でしか買えないもの

日本の料理本 


 

楽チンに日本のご飯を作れるレシピ本があるとかなり重宝します。誰かを家に呼ぶ時にも日本の料理をふるまえるのも嬉しいですね。

自分の好きなレシピ本があれば、それをチョイス。例えば、ダイエットしたい場合はそれに特化したレシピ本を買って行くのもオススメです。

日本にしかない調味料や食料品を使用している場合は、何かで代替してみましょう。

文房具全般 

とにかく日本の文房具は優秀すぎる

とにかく日本の文房具は、優秀すぎます。海外の文房具は『正直、使えればいいじゃん』というレベルなのであまり買うのはお勧めしません。

🌟持って行ってよかった文房具ベスト5

赤シート・緑ペン 

 

日本人が暗記するのには、必需品です。ただ海外ではほぼ確実に売っていないアイテムですね。失くしてもいいように大量購入をお勧めします。

4色ボールペン・替え芯 [star4.5]

 

4色ボールペンも意外と見つからないです。見つかってもあまりスタイリッシュではないし、機能的ではないので日本で買って行きましょう。替え芯もいくつか買って行きましょう。赤色などよく使う方は、たくさん購入しておくことがポイント。

テープのり 


 

テープのりはかなりお勧めです。海外では、液体のりが一般的なので細かいのり付けにはもってこいのアイテム。

修正テープ 


 

修正テープもなかなか使い勝手の悪いものが多く、日本の文房具がベストです。

付箋 

 

特に、付箋は日本だと100円で変えますが、オーストラリアでは700円くらいととても高額でした。


ポイント

逆にその国特有の文房具や雑貨もあるので是非見つけて見てくださいね。

お洒落な洋服

日本人はきっちりとしていてお洒落

ポイント

・変な英語のプリントTは避ける
・できれば少ない数でコーディネートできるように
・アクセサリーはおすすめ

お洒落したい日の洋服を必ず持って行きましょう。海外では、パーティーなど特別な日以外は、全く洋服を気にしないことが多いです。なのでファションは、現地の人と差をつけることができるアイテムになります。

留学していると、洋服に正直お金はかけられない人がほとんどだと思うので、日本から持って行くことをお勧めします。

【絶対に持って行くべき】必需品

コンセント変換器・変圧器

 

変換器と変圧器は別物

よく間違えるので是非、覚えておいてくださいね。日本製の家電を変換プラグだけを利用するとぶっ壊れます。

変換プラグ

変換プラグは、日本の家電製品についているコンセントに挿す端子と外国のコンセントの形状が合わない場合に、二つを合致させることができるものです。

変圧器

変圧器は、その名の通り電圧を変えることができるもので、海外の電圧を日本の家電に合わせてくれるもので、これによって安全に利用することができます。

僕の友人は、携帯の充電器を変換プラグのみでオーストラリアのコンセントに挿した結果、爆発して使えなくなってしまったことがあったそうです。皆さん気をつけましょう。

 

SIMフリーのIPHONE

IPHONEは利用できる国が一番多い

IPHONEは一番、利用できる国が多い携帯です。一般的な留学先であれば、フリーSIMを買うだけで利用できるので便利。ちなみに、オーストラリアでは、一番安くて3GB利用できて、通話し放題で3000円ほどでした。

これは、日本で買っておくことで、SIMフリーを買う前も現地のWi-Fiも使えたりと何かと便利です。

家族や友人との思い出の品

写真や寄せ書き

おすすめ

・自分が趣味・スポーツをやっているときの写真

・家族や友人と映っている写真

・幼少期からの写真

家族や友人との思い出の写真を見せながらホストファミリーに話すとぐっと距離が縮まるのでお勧めです。また、留学に行く際に寄せ書きなどをもらっていたら辛いときの励みになるので頑張りましょう。

どうしてもできないときは、5単語でもいいので積み重ねることが大切です。

番外編

留学の勧め

英語をもっと上達させたいなら海外大学進学がおすすめ!

海外留学ではなく海外大学への進学がとてもおすすめです。詳しくはこちらの記事を見て見てくださいね。

例えばMBA
英語を学びに留学に行くのではなく、英語を利用して違うことを学ぶとぐっと英語の習熟度も上がります。

ちなみに僕はオーストラリアの大学に進学し、4年間英語でマーケティングを学んだことで英語力がさらに伸びました。

まとめ

留学に必要なもの条件

・誰かと話すきっかけになるもの

・自分に興味を持ってもらえるもの

・みんなで楽しめるもの

いかがでしたでしょうか?

10選は、僕の経験から選んだものなので役に立てると確信してます。
この記事を参考にして、留学を楽しんでくださいね。

-English

Copyright© Vella's Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.