創業

【成功する人の特徴】成果が出る、8つの原理・原則

こんにちは、リアリストサル🐒です。

【成功する人の特徴】成果が出る、8つの原理・原則

僕は独立して間もない頃、起業家の合宿に〇〇万円払って参加しました。

その合宿に参加した後から、人脈の広がり・お金の流れ・新たなチャンスなど、目に見えて自分自身を取り巻く環境が変わり始めました。その合宿を通して学んだこと、意識したことの8つの原理・原則を余すことなくお伝えいたします。

何かチャレンジしようとしている人がこの原理と原則を意識し行動に移せば、どんな環境でも成功出来るはずです!

成功する人の8つの原理・原則

成功する人は8つの原理・原則を持っています。

成功する人の8つの原理・原則

1.求めているものが明確。具体的・肯定的に決める
2.自分にも人にも正直
3.自己表現がうまい
4.冒険心が強い
5.参加100%
6.責任・源意識を持っている
7.バディシップを大切にしている
8.コミットメントが高い

8つのポイントの詳しい解説は後ほど紹介します。

原理・原則について

原理・原則とは

「原理」というのは、「物事を成り立たせる根本的な決まり」のこと。
「原則」とは、「社会に適用するために決められた規則」のこと。

と聞いても難しいと思うので、これを野球に置き換えてみましょう。

自分の人生は「自分の生きたいように」生きられる♡の記事より

野球のイチロー選手のような有名プレイヤーは試合で多くの得点を取ることで成績を残し、世間がスーパースターと認めるようになりました。
しかし、イチローも野球を始めてすぐにスーパースターと認められたわけではありません。

野球が上手くなれるように様々なトレーニング行う→刺激に慣れてしまった筋力・技術の向上のため常に自分自身を分析し更に厳しいトレーニングで過負荷を与える→さらに、繰り返し行うことでその鍛え上げられた筋力や技術をキープし試合の出場を続ける

このトレーニングの繰り返しがイチローの体力・技術力・さらには精神力を鍛え、成績を残したことで大衆がスーパースター(成功者)と認められました。

このスーパースターになるまでに続けた厳しいトレーニング・試合の繰り返し=原理
試合で成績を残したことで世間がスーパースターと認めた=原則

ということです。

詳しくはこちらの記事を参照ください。

8つの原理・原則を詳しく解説

1.求めているものが明確。具体的・肯定的に決める

実際、僕が成果を出した例に紹介します。
イベント会社にいた際の話です。
1ヶ月の売上げが10万円でしたが翌月には50万を達成しました。
5倍も成果をあげたのには具体的・肯定的に目標設定をした結果です。

5倍も成果をあげた3つのポイント

・具体的な目標設定:翌月の売上達成目標は50万
・目標達成のための具体的な行動:営業リストの分析をし、目標達成のために必要な営業件数の120%に種まきをした
・肯定的な行動:自分を信じてとことん前進して取り組む

2.正直

正直に目標達成のために仕事すること。
1.に決めた目標達成のために正直に行動することが大切です。

3.自己表現がうまい

自分自身のアピールや商品の魅力の伝え方など、自分の思いを相手に伝える表現力が大切。
自分が主役だという気持ちで全力で自分の思いを伝えることです。

4.冒険心が強い

冒険心とは、未知の世界へ飛び込むようなチャレンジ精神。
自分がまだ体験していないようなことにチャレンジするですから、もちろん恐怖心があると思いますがそこに飛び込ばなければ新しい道は拓けません。
勇気を出して突き進むことで、必ず助けてくれる人が現れます。

5.参加100%

中途半端な気持ちや行動でやっていればすぐに結果として現れます。
求めていることが明確なら【選択と集中】参加100%で行かないと成果は上がりません。

こんな本も出ているので、興味ある方は是非参考になってみてください。

6.責任・源意識を持っている

成果を上げるため進むと決めたら、その成果を出すために責任を持たなければ継続できません。
また、そのやり遂げる目的=源意識を常に意識することも大切。
「これは目的のためにどう繋がるのか?」「これを決定したらどう影響するのか?」という意識を持って一つ一つの行動や決定に責任を持つことです。

7.バディシップを大切にしている

目的達成のためには時間・お金・技術面など様々な点で1人の力では限界が出てきます。
必ず進む先に、力を貸してくれる人との関わりが必要になってきます。
その際、「同じ目的に向かっているか」ということが大切です。
目的にズレが生じると、連携がうまくいかず、目的達成から遠いてしまいます。

8.コミットメントが高い

目的を定め、仲間も集まり進み始めても、やり遂げないと意味がありません。
①〜⑦までの一連の流れをコミット=やり遂げるということ。
最後まで諦めなず結果を出した人こそ成功者となります。
野球でいうイチローです。

実際に成功した人に置き換えて考えてみる

ここからは僕の個人的な見解ですが、実際に世間的に成功者と言われる人物に置き換えて原理・原則を解説していきます。

イチロー選手

1.求めているものが明確。具体的・肯定的に決める

プロ野球選手になる→メジャーリーガーになる→最多安打記録を作る
実績や経験に合わせて細かな目標設定をしています。

2.正直

子供の頃から45歳を超えても毎日欠かさず野球に打ち込む

3.自己表現がうまい

応援しているファンの期待に応えるため、懸命に野球をやる

4.冒険心が強い

野手でメジャーへ挑戦

5.参加100%

野球のための食事・ルーティーンを確立する

6.責任・源意識

ファンのために、プロ野球選手として結果を出し続ける

7.バディシップを大切にしている

チームメイト・家族を支える

8.コミットメントが高い

最多安打記録作るまでやめない。結果を出してからの引退

前(株)スタートトゥデイ代表取締役社長 前澤友作氏

前澤友作 撮影:YASUNARI KIKUMA

1.求めているものが明確。具体的・肯定的に決める

ファッションECで地方の人たちにも、東京でしか買えないかっこいい洋服を買える場所を作る。

2.正直

この事業で成功すると決めて行動

3.自己表現がうまい

上場の時にジーパンスタイルで東京証券取引所に登場。自身のストーリーやマインドをSNSで発信

4.冒険心が強い

18歳で創業、ZOZOというブランドを確立するためにあらゆることにチャレンジ またプラベートでは民間初の宇宙旅行を計画

5.参加100%

32歳の上場も含め、引退まで全て、スタートトゥデイに力を注ぎ込んでいる

6.責任・源意識

千葉での台風の被害のため、個人で自治体に数億円を寄付

7.バディシップを大切にしている

社員・役員・取引先・家族を支える

8.コミットメントが高い

成功するまで続けた

 

活躍し成功している人を8つの原則に当てはめてみると、より具体的で自分に当てはめやすいと思います。
もし憧れる人物がいれば当てはめてみてください。

まとめ

目的を達成するということは、新しいことへのチャレンジが付き物です。
新しい世界に飛び込むのは勇気がいりますが、何事も行動を起こさなスタートしません。
8つの原理・原則を常に意識し、誠実に目的達成に向けて努力し続ければ、必ず成果は現れます。

「自分の経験を最大限に伝え、少しでも誰かの役立てたら嬉しい。」
僕が何もないゼロからのスタートでこのような記事が書けるようになったのも、こんな強い思いがあるから。
この記事をきっかけに、行動できる人が一人でも増えたらいいなと願っています。

 

こんな書籍も参考にしてみてください。

-創業

Copyright© Vella's Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.