Business

【SNS分析ツール】Zanroo searchで本当の声を知ろう

こんにちは、リアリスト・サルです。

今回はSNSマーケティングツール『Zanroo Search』で成果が出たので紹介いたします。

SNSマーケティングとは?

昨今では、様々なSNSが普及し利用者数も増加しています。

『Zanroo Search』では特にユーザー数の多い4つのSNSからがユーザーの声がリアルタイムで一括分析することができます。

『Zanroo Search』で利用できるSNSとユーザー数

・YouTube 6,200万人
・Twitter 4,200万人
・Instagram 3,300万人
・FaceBook 2,600万人
※数値はアクティブユーザーのみ

日本の人口が約1.2億人なので、ほとんどの人が何かしたのSNSを利用していてもおかしくない時代になりました。

こんな方におすすめ

・SNSでマーケティングを始めたいけど、どうやったらいいかわからない
・新規顧客をオンラインで販路開拓したい
・自身のサービスについてリアルユーザーのニーズを分析したい
・市場調査をしたい

ユーザーのリアルな声を分析ために最適な分析ツールです。

SNSユーザーの声を分析する重要性とは?

GoogleやYahooなどの検索エンジンもありますが、あえてFacebookやTwitterなどのSNSを分析する重要性は、「今、ユーザーは何に関心がありニーズはどこにあるのか」というリアルタイムな情報を不特定多数のユーザーから分析できることです。


Twitterではその日嬉しかったことや不満などをつぶやきInstagram、facebookでは写真を用いて自分の行動をシェアする
→これに共感した人がリツイートや「いいね」をすることで拡散これがいわゆる「バズる」ということ。
→この多くの共感と拡散によって引き出された潜在価値が新しいサービスのヒントとなる。

対して、お店にきたお客様をイメージしてみてください。
接客したお客様の声を聞き出すのはなかなか難しいのではないでしょうか?

自分がお客様の立場に立って考えてみると、クレームを入れるほどでもないけど何だかモヤモヤしたサービスや商品への不満はTwitterでつぶやかれるのが昨今の主流。そしてこれがリアルなユーザーの声なのです。

こんな風にSNSは“ユーザーの本音”がたくさん詰まっています。

SNSで得られるマーケティング効果

・ユーザーの集客
・商品・サービスの拡散による認知度アップ
・商品・サービスの販売
・顧客ロイヤリティ向上

今やSNSはBtoCビジネスへの活用に欠かせないツールとなっています。

 

『Zanroo Search』とは?

『Zanroo Search』はタイのスタートアップ企業で、世界展開しています。詳しくはこちら

日本では『Zanroo JAPAN』として法人登記されています。

Zanrooとはタイ語で賢い犬という意味。オンライン上の様々な情報の中から、クライアントが必要とする情報のみを収集して来てくれる=まるで賢い犬ということのようです!

無料版があるので、お試しでどうぞ

 

元々、企業のマーケティング部隊を対象に営業していたそうですが、フリーランスや個人商店向けに簡素・低コスト版をリリースされました。今回社長に直接サービス内容、活用方法を紹介いただいのでここから解説していきます!

 

『Zanroo Search』の特徴・活用方法

SNSを活用した分析ツール

GoogleやYahooなど検索エンジンでは検索が困難なSNS上のConsumer Voice(SOV投稿)を『Zanroo Search』を使うことでオンラインから収集することができます。

SEOに惑わされることのなく、ブランド名や商品名、サービスに対する生の声をリアルタイムで抽出することができます。

自社に対する評判や意見などを分析する際に持ってこいのサービスです。

『Zanroo Search』は任意のキーワードを直感的に入力&検索条件・OR検索条件を入力することで、オンラインからデータを収集して表示します。従来、データ収集は設定に時間を要するものですが直感的に出来る様なUIとなってます。

▼YouTubeでより詳しく解説しています。

実際に活用した実績の紹介

実際に僕自身が不動産営業でこのサービス(アドバンス版)を使ってニーズを引き出しサービス提供を行いました。その活用方法と実績を紹介します。

step
1
ワードの仮説を立てる

引っ越ししたい人のニーズを調べるために、まず引っ越ししたい人がSNS上でどういったワードでつぶやいているか仮説を立てます。例えばこういった感じ。

引っ越ししたい人のつぶやきワード

・引っ越ししたい
・いい物件
・上京したい

するとこんな感じで、最新順に投稿が出てきます。

Twitter/Instagram/Facebook/YouTubeすべてのビックデータから抽出されます。

step
2
ツイートのワードをリスト化

このようにリストを作成します。

step
3
抽出したワードで情報発信

リスト化したワードの中から、物件を探しているユーザーへアプローチするため上位ワードで情報を発信します。

上記リストの赤字のワードをつぶやいた方からDMでの問い合わせがありました。

step
4
メッセージにリプを送る

この手順でアプローチしています

アプローチ方法

1.メッセージにリプを送る(返信しすい文面を意識する)
2.アカウントのトップページでできるだけ、自分の意図を伝え、DMをいただけるように作り込む
3.DMにて物件の紹介

ここで注意しなければいけないのは、新規アカウントで1日に何人もの人にDM送る・フォローすると、ツイッターがスパムと判断し、アカウントが凍結する可能性があるので注意が必要です。

1日の件数を決めて、少しずつ送りましょう。

ユーザーが返信しやすい文面、信頼度の高いアカウントや情報発信の作り方などが大切です。
もし詳しく知りたい方は直接お問い合わせください。

『Zanroo Search』(アドバンス版)で出来る4つの機能

無料のアドバンス版でも、キーワードを自分で仮説して検索することで十分ヒット率は上がりますがアドバンス版では4つの機能がプラスされることで、さらに幅広い関連キーワードが抽出できるため、分析効率が上がります。

クラウド

分析の中に“クラウド”という機能があります。
例えばクラウドの機能の中で『いい物件』というキーワードを検索したとします。
その際、『いい物件』というつぶやいている人が、その他に合わせて何のワードをつぶやいているかを抽出して教えてくれます。

例えば『いい物件ないかな』『いい物件に住みたい』『いい物件は高いな』などです。

さらに、ワードだけでなくハッシュタグも合わせて抽出してくれます。

調べたいワードに対して、関連したワードやトピックを瞬時に把握することができるので、関連する問題やニーズ、または脅威に対して対策をとることが出来ます。

このクラウド機能は、特にSEO/SEMの最適化を実行する際のパフォーマンスの向上に効果的な役割を果たします。
トレンドワードやハッシュタグを知り、オウンドメディアでのヒット率を高めましょう。

比較

“比較”という機能では、3語までどのくらいの比率で調べられているのか比較することができます。

『物件』をキーワードに『いい物件』『良い物件』と比較しました。
比較してみると圧倒的に『いい物件』『良い物件』よりも『物件』だけで検索している人が多いことがわかります。『物件』で調べてリストにしたほうが確率があがることがわかりました。

自分のサービスに関連する一つ一つのキーワードを分析することで、次の戦略に役立てます。

インフルエンサー

“インフルエンサー”という機能は、検索ワードに関連するソーシャルパーソナリティやオンラインメディアを素早く表示するように設計されています。

このインフルエンサー機能を使用することで、トピックの背後にある、KOL/インフルエンサーが誰であるかを知り、彼らとつながる新しい機会を見いだすことが出来ます。

目的に対して拡散力の強いインフルエンサーの力を借りることもとても効果的です。

ヒートアップ

“ヒートアップ”という機能は、検索ワードを『いつ』つぶやいているのか、時間帯での分析が可能です。

SNS広告で効果をあげたい際に、キーワードの投稿時間の多い時間帯=ユーザーがアクティブな時間帯なので、いいねや拡散がされやすい時間となります。

まとめ

今回はSNSマーケティングツール『Zanroo Search』について詳しく紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

飲食店・結婚相談所・転職ビジネス・保険の営業・不動産の営業など様々なBtoCビジネスの活用に欠かせないツールとなっているSNS。ユーザーのワード抽出・分析を効率的に行うには最適なツールになります。

現在、プロモーションとして、このブログを読んでいただいた方にはお得にご利用いただける特別QRコードを下記に貼らせていただきました。

まだ国内では活用実績が少ないので、導入された方でうまくいったこと・いかなかったことなど活用の相談があればお問い合わせいただければと思います。

まずは無料版からトライし、ユーザーの本音の抽出・分析にご活用ください。

-Business

Copyright© Vella's Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.